記事一覧

マネパカード単体の両替レート

マネパカード解説の6回目。
マネパカード単体での両替レートについてです。

マネパカード単体の両替レート


FX口座を開かなくとも、マネパカード単体でも両替は可能です。
マネパカード口座に円貨を入金し、マネパカード上で両替できます。
しかし、マネパカード上での両替はマネーパートナーFXよりも若干レートが悪化していますので、ご注意ください。

例えば、円貨→ドル両替において、1ドル0.8円程の手数料が発生するようです。

以下は2017/07/21夜のマネーパートナーFXの取引画面です。
FXの為替レートは常に変動しますが、この時、おおよその為替レートの中心値は111.240円です。
34_manepa_14.jpg

このタイミングで、マネパカードの円→ドルの両替レートを確認したところ、112.041円となることが確認できました。
これは円→ドルの手数料が0.8円程かかることを示しています。
34_manepa_16.jpg

また逆にマネパカードのドル→円の両替レートを確認すると、111.231円でした
34_manepa_15.jpg
これは円→ドルの手数料が0.01円程かかることを示しています。

円→ドルの手数料が高く、ドル→円の手数料が極端に安いことがわかりました。

まとめ


マネパカード単体使用の場合、FX口座での両替(手数料0.2円)に比べ、円→ドルの両替レートが悪化します。
悪化といっても、手数料は0.8円ですので、銀行や両替商の両替手数料(2~3円)に比べれば、とても安い水準です。
FX口座をつくるのが嫌な人はマネパカード単体の運用でも十分手数料を節約できそうです。

マネパカード単体のドル→円の両替レート(手数料0.01円)はFX口座の両替レート(手数料0.2円)よりもお得です。
これらを考慮すると、
  • 旅行前は、FX口座で外貨に両替(手数料0.2円)
  • 旅行後は、マネパカードで円貨に両替(手数料0.01円)
という運用が一番両替手数料を節約できそうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグリスト

プロフィール

ball

Author:ball
東京在住アラフォーサラリーマンです。
嫁と2人の娘(小学生)との旅とかをまとめて書いてきます。
初体験した海外旅行に味をしめ、もう一度家族で海外旅行する為にがんばっていきます。

PR